Skip to content

カテゴリー: 未分類

アトピーは増加している

子どもの時代にアトピーだったけどだんだん治ってきたという話や、子供のときからずっとアトピーに悩まされているという話は耳にしますが、近年は大人になってからのアトピーの発症も多くみられます。さまざまなアレルギーに原因があると思われています。しかし、アレルギー以外でも、外用薬などの接触因子やストレスによる発症の可能性も十分考えられるのです。多大なストレスの環境にあると、つい無意識に自分の皮膚を掻いてしまうという癖のある方がいます。ストレス下に置かれると、そうした行動に依存してしまうことがあるからです。またストレスによる睡眠不足、生活習慣の乱れが引き金になることもあります。

大人のアトピーの場合、主に上半身に症状が現れます。皮膚がかゆいと仕事にも集中することが難しくなりますし、乾燥肌によってかさかさ舌白い粉が服などについていると、清潔感も失われます。炎症を抑える薬は病院でもらうことはできますが、薬の副作用も心配でしょう。そこで、お肌自体の機能を高めることによって、症状の緩和やほとんど完治に近い状態に持っていけるように努めましょう。とはいえ、自分のそうした予防策だけではどうしても重篤化を防げない場合もありますので、自分で行えることがあまり効果を出していないと思える際には早めに医師に相談した方がおすすめです。

肌のバリア機能とは

アトピー対策として注目されているのが肌のバリア機能を高めることです。アトピーの初期症状は乾燥から始まりますので、そうした初期症状をできるだけ抑えることが必要となります。肌には、外界からの遺物の侵入や攻撃から体を守るだけでなく、体内の水分の蒸発を押さえる働きもあります。そのため、肌のバリア機能を保つことが、健康な皮膚を保つうえでは不可欠なのです。

肌のバリア機能が低下すると、表面の肌は乾燥してきます。そのため、なるべく乾燥しないようなケアが必要です。そのために役に立つのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸はお肌の水分を保つ働きのある成分で、効果的に取り入れることにより潤いを保ち、結果として肌のバリア機能を強めることになるのです。こうした成分をサプリメントや食品を通して摂取し、生活リズムを整え、適度な運動を取り入れることで、体の代謝も活発になり、さまざまな肌トラブルの予防となるのです。また、摂取に抵抗がある方は、肌の乾燥を抑えれる保湿力の高い化粧水を選んでみてもいいでしょう。

全てのアトピーにこうした処置が効果的かどうかはわかりませんが、少なくとも肌の乾燥というアトピーの初期症状の場合には効果が期待できるでしょう。一度こじらせてしまうとなかなか完治するまで時間のかかるアトピーですから、初期の段階で症状を押さえたり、回復させたりすることはとても重要なのです。

┌関連サイト
【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~アトケアタイプ~】

アトピーとは

アトピーとは、かゆみのある湿疹が全身のいろいろなところに出てしまい、かゆみや掻くことによる皮膚のダメージによって心身ともにストレスとなる症状です。アトピーに悩まされている方は少なくありません。そこで、アトピーについての理解を深め、少しでも予防や治療に役立たせることができるように備えておきましょう。

アトピーの症状にもいろいろなものがあります。まずは乾燥です。乾燥するとお肌に潤いがなくなり、ふけのようにカサカサしたものが落ちてしまいます。また赤くはれてしまうこともありますし、ぶつぶつした小さなドーム状の疾患が現れることもあります。また、かきむしった後にはかさぶたができてしまいますし、そのかさぶたも治りきらないうちに掻いてしまうことが多いので、ますます治りにくくなってしまうのです。さらに、こうした状態が続いていると、徐々に皮膚が固くなっていきます。

こうしたさまざまな症状は人によってどこにどの程度現れるのかが変わってきます。多くの場合、掻きにくいところよりも掻きやすいところの症状が悪化しやすく、症状の重い湿疹とならないうちに適切に対処することが大切なのです。

原因として考えられるのは、腹側な生活やダニやハウスダスト、さらには遺伝的な問題等あらゆる原因が考えられますが、はっきりとした根本的な原因はわかっていません。まだまだ根本的な治療が難しい疾患だからこそ、効果的な予防や処置でなるべく症状を重篤化させないことが大切なのです。そのために必要な対策についてご紹介します。