Skip to content

アトピーとは

アトピーとは、かゆみのある湿疹が全身のいろいろなところに出てしまい、かゆみや掻くことによる皮膚のダメージによって心身ともにストレスとなる症状です。アトピーに悩まされている方は少なくありません。そこで、アトピーについての理解を深め、少しでも予防や治療に役立たせることができるように備えておきましょう。

アトピーの症状にもいろいろなものがあります。まずは乾燥です。乾燥するとお肌に潤いがなくなり、ふけのようにカサカサしたものが落ちてしまいます。また赤くはれてしまうこともありますし、ぶつぶつした小さなドーム状の疾患が現れることもあります。また、かきむしった後にはかさぶたができてしまいますし、そのかさぶたも治りきらないうちに掻いてしまうことが多いので、ますます治りにくくなってしまうのです。さらに、こうした状態が続いていると、徐々に皮膚が固くなっていきます。

こうしたさまざまな症状は人によってどこにどの程度現れるのかが変わってきます。多くの場合、掻きにくいところよりも掻きやすいところの症状が悪化しやすく、症状の重い湿疹とならないうちに適切に対処することが大切なのです。

原因として考えられるのは、腹側な生活やダニやハウスダスト、さらには遺伝的な問題等あらゆる原因が考えられますが、はっきりとした根本的な原因はわかっていません。まだまだ根本的な治療が難しい疾患だからこそ、効果的な予防や処置でなるべく症状を重篤化させないことが大切なのです。そのために必要な対策についてご紹介します。