Skip to content

肌のバリア機能とは

アトピー対策として注目されているのが肌のバリア機能を高めることです。アトピーの初期症状は乾燥から始まりますので、そうした初期症状をできるだけ抑えることが必要となります。肌には、外界からの遺物の侵入や攻撃から体を守るだけでなく、体内の水分の蒸発を押さえる働きもあります。そのため、肌のバリア機能を保つことが、健康な皮膚を保つうえでは不可欠なのです。

肌のバリア機能が低下すると、表面の肌は乾燥してきます。そのため、なるべく乾燥しないようなケアが必要です。そのために役に立つのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸はお肌の水分を保つ働きのある成分で、効果的に取り入れることにより潤いを保ち、結果として肌のバリア機能を強めることになるのです。こうした成分をサプリメントや食品を通して摂取し、生活リズムを整え、適度な運動を取り入れることで、体の代謝も活発になり、さまざまな肌トラブルの予防となるのです。また、摂取に抵抗がある方は、肌の乾燥を抑えれる保湿力の高い化粧水を選んでみてもいいでしょう。

全てのアトピーにこうした処置が効果的かどうかはわかりませんが、少なくとも肌の乾燥というアトピーの初期症状の場合には効果が期待できるでしょう。一度こじらせてしまうとなかなか完治するまで時間のかかるアトピーですから、初期の段階で症状を押さえたり、回復させたりすることはとても重要なのです。

┌関連サイト
【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~アトケアタイプ~】